第6話 たった一人の海苔漁師

IMG_9653.jpg

体感温度マイナス10度。

東の空が白み始める午前5時半。

 

 

 

4年前、多賀城の海苔漁師は俺一人になった。

IMG_9647.jpg

2011年3月11日。

その日はたまたま漁に出ておらず、

沖で海苔の手入れを終えて一息ついていた時だった。

 

急いで海苔を家に片付け高台へ避難したが

家も乾燥場も流されてしまった。

船も3隻失った。

 

もう海苔漁師は出来ないと思った。

IMG_9812.jpg

しかし、多賀城から海苔漁師を失くしたくなかった。

先が見えない状況の中、国と県の支援を受けて

昭和2年から4代続く家業を再開することができた。

海苔の仕事を今に残せているのは誇りに思う。

 

1日に板海苔にして約5万枚分を収穫する。

いつもいい海苔が穫れるわけではない。

 

おいしい海苔は黒くて艶があって美人だ。

伊藤和光/多賀城唯一の海苔漁師。昭和22年山形県大江町に生まれる。自衛隊入隊のため、昭和41年に多賀城市へ移住。昭和44年に結婚し、妻の家業である海苔漁師になる。