第12話 いつも写真はわたしに寄り添う

スクリーンショット 2021-06-26 14.46.02.png

表現としての写真に憧れていたから、

仕事にすることは抵抗や違和感があった。

でも、社会人として生きて行くためには、

もうこれしかない。

そう気持ちの中ですり合わせて、

スタジオカメラマンの職に就いた。

もともと文章を書くのが好きだった。

でも、ある時ことばでは表現できない感情があることに気づいた。

自分が想うことと、相手が受け取ることには、少しズレがある。

その隙間を埋めるかのように、

わたしはいつの間にかカメラを握っていた。

スクリーンショット 2021-06-26 14.45.10.png
スクリーンショット 2021-06-26 14.45.33.png

それから10年の歳月が経ち、

わたしは結婚し、お腹に新しい命を宿していた。

産休が明けたら職場に戻る予定だったけれど、

1ヶ月後に東日本大震災が起きた。

子供と離れたくない──。

仕事は長く休めず、結局2ヶ月で復帰したが、

精神的にバランスを崩してしまった。

1年間頑張った。でも限界だった。

スタジオカメラマンは休日が繁忙期。

子供の誕生日も休めない時がある。

もう辞めよう。

結婚、出産、成長。

人生の節目節目にシャッターを下ろす。

「おめでとうございます」

が、最初にお客様に伝える言葉。

それでも、撮影の仕事は続けたかった。

夫が家に写真スタジオを作ることを勧めてくれて、

自分たちで壁を塗り、小さなスタジオが完成した。

志し高く、というより、

最初は避難場所だったのかもしれない。

スクリーンショット 2021-06-26 14.45.19.png

ああ、これがわたしがやりたかったことなんだ。

幸せな時間を写す仕事。

カメラマンは、誰かの喜びの瞬間を形にする仕事。

人とのコミュニケーションが苦手だったわたしは、

写真を介したつながりによって成長させてもらっている。

スクリーンショット 2021-06-26 14.45.50.png

小野寺香那恵/カメラマン、ヨーガ療法士。写真スタジオcaja del juguete photo studioを平成25年にオープン。中学生の頃、銀色夏生の世界観に影響を受けて写真を始めた。6年前から学んでいるヨーガを伝える活動も行っている。